暖かい音のする伝統の空間
 
 

border= 泉谷しげる、ムッシュかまやつ、森山直太朗、所ジョージ、柳ジョージ、
そしてなんと淡谷のり子まで・・・・・日本の音楽界とエンターテイメン
ト界の錚々たるアーティストたちの活動を支え続けてきた、«生きる伝説»
のライブハウス「江古田マーキー」。最近では、歌謡曲、ロック、フォー
ク、ジャズにかぎらず、クラシックや日本の古典音楽の演奏会も積極的に
開催され、隠れたアーティストたちの発掘と研鑽に一役買ってます。また
、音楽のみならず、お笑いや落語会、映画・演劇・美術作品の発表会、各
種シンポジウム・講演会・討論会なども頻繁に行われ、広く文化と教養の
発信基地としてその社会貢献と存在感は数多のライブハウスとは一線を画
し、いまや知る人ぞ知る「文化の虎の穴」となっています。本書は、今年
3月で40周年を迎える「マーキ」の創始オーナーである著者が長年携わっ
てきた音楽界とエンターテインメント界、文化の歴史を回顧するクロニク
ル。音楽エンターテイメントが広く市民権を得ていった軌跡のスト―リー
、アーティストたちの素顔、舞台裏エピソードなどを、時の文化的背景も
からめて、今では貴重な資料である当時の写真アーカイブとともに明らか
にします。

講談社 新刊 平成30年12月10日 発売開始